よくある質問

Q 社会保険労務士を顧問としてつけると、どのようなメリットがありますか?

A 人事・労務関連、給与計算等の業務などを外注すると、様々なメリットがあります。

 

1.業務の効率化やコストの削減

会社としての手続、従業員の入退社関連・出産や育児、介護や傷病による休業時の手当金・給付金等の手続・給与計算を、法律や法改正等に精通する社労士に任せることで、正確かつスピーディーに処理が完了し、本来の事業に専念することができます。
また、これらの業務のために社員を雇用せずに外注することで、人件費やその他のコストが削減できます。

 

2.労務リスクの低減

ふくろう社会保険労務士事務所では、新たな情報、法改正や変更事項等の専門知識を把握し、お客様へタイムリーに情報提供することで、お客様は経営リスクや労使間トラブルを未然に防ぎ、是正勧告の回避等へ繋がります。

 

3.“働きやすさ”“この会社のためなら頑張れる”会社作り

手続・給与計算以外にも、社内整備(就業規則・賃金規程・退職金規程・人事制度設計等)に関わること、人事労務に関すること、活用できる助成金など、幅広く相談することができます。労務の多くは、経営者だけで悩みを抱えているケースが多くみられます。
“餅は餅屋”です。是非、御相談ください。

 

Q なぜ、この御時世、社会保険労務士をつけることが必要になってきているのですか?

A 昨今は、「入社した人が長く続かない」「労務トラブルの発生」「トラブルは未然に防ぎたい」「労務の有事に会社を守れる就業規則でありたい」「社員の意欲が高まるルール作りを進めたい」「休職した社員のその後の対応を本人のためにも会社のためにもどんなことをしたら最善か」など様々な労務課題があります。

 

このような労務課題に対して、社労士がいるのといないのとでは大きな違いがあるといえます。人を雇うということは、そのために必要なことがたくさんあります。労働基準法を熟知し、必要な手続きをするということは、経営陣にとっては大変な手間になります。

社労士がいれば、手続き上の手間や時間が大幅に減るだけでなく、就業規則や賃金規程、その他企業経営にとって必要なことをきちんと整備することで、無用なトラブルを未然に防ぎ、「一緒に働く人がより頑張ってくれる」企業風土となるお手伝いができます。

また、助成金受給についても社労士は専門分野です。ぜひご活用ください。

 

Q スポットの業務もお願いできますか?

A もちろんお引き受けいたします。個別に御見積を出しますのでお気軽にお声がけください。

 

Q 顧問契約後は、どのような方法で相談できますか?

A 電話(042-907-9120 、9:00~16:00[土日祝休])・メール等、ご都合の良い方法でご相談いただけます。また、顧問の会社様へは、定期訪問を行っておりますので、「大きな問題までではないのですが、気になることが・・」ですとか、「こんな系統の制度をうちも作りたいのですが・・・」など、その際にもお気軽にご相談ください。

 

Q 労務管理の知識がないのですが、わかりやすく説明していただけるのでしょうか?

A 難しい言葉や法律用語はなるべく使わず、できるだけ分かりやすい資料などをご用意し、ご理解いただけるご説明をしますので、安心してご相談ください。また、定期訪問の際にお会いする経営陣の方または総務の方だけでなく、その方が社内に説明する必要があるものについては、社内向けの説明資料もふくろう社会保険労務士事務所がご用意いたしますので、ご安心ください。

 

お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る